自動的に消化

高いところの作業

自動的に火を消してくれます。

スプリンクラーは消火設備の一つです。スプリンクラーは自動的に火災を検知し、散水による消火を行ってくれます。消火において重要となる初期消火を迅速かつ確実に行えること、人力で消火するには危険な場所でも消火できること、といった多くのメリットがあります。そのため、スプリンクラーが担う役割は今度増々大きくなっていくはずです。 一定規模以上の福祉施設に対しては、消火設備としてスプリンクラーを設置することが法律で義務付けられました。設置にかかる費用については、補助金を受けられるケースもあります。福祉施設では、火災時に自力で避難することが難しい方が多く生活しています。福祉施設の安全を守る上で、スプリンクラーは必要不可欠な存在となっているのです。

定期的に状態をチェックしましょう。

スプリンクラーは、安全かつ迅速に消火を行ってくれる大変便利な設備です。しかしながら、普段のメンテナンスをきちんと行っていないと、いざという時に作動しない危険性もあります。そのため、スプリンクラーの状態を定期的にチェックすることが大切です。 スプリンクラーはいくつかの設備から成り立っています。具体的には、消火用の水を溜めておく水源、水を運ぶためのパイプ、水を送るための動力源などです。さらに、自動で火災を検知するための検知器も重要です。これらの中で一つでも不具合を抱える部分があると、スプリンクラーはきちんと作動しない可能性があります。点検するときには、ひとつひとつの部分について異常がないか確認する必要があります。