事故を防ぐための工事

中古

落雷事故を防ぐ避雷針の重要性

日本では磊落による事故被害が近年増加していると言われています。人的被害よりも建物や設備の被害が目立つようです。都市部を中心に夏場のゲリラ豪雨とともに発生する激しい落雷による事故や被害が増えているようです。 落雷がもらたす直接的な被害は、雷の大電流に伴う高温による建物の材質のダメージと高電圧による電気、電子機器に対する雷サージだと言われています。 これらの被害を防ぐ最も有効な手立ては避雷針の設置です。避雷針工事を適切に行い、定期的な点検保守を行うことで被害を食い止めることができます。 避雷針工事にかかる費用はケースによって様々です。工場や燃料タンク、マンションの屋上や一般家屋など、工事内容で大きく異なります。専門業者に無料見積りを依頼することをお勧めします。

避雷針工事を依頼するには

日本では昔から雷は恐れられていました。近代になり、避雷針が西洋から導入されたことで被害予防の概念が生まれました。 有名なフランクリンが避雷針を発明したのは260年以上昔です。当然、そのころは電気はなく、ランプの時代です。被害は建物の火災や人的被害が中心でした。 上述したように、現在も避雷針の概念は変わっていません。落雷による高圧電流を誘導する、という考え方です。 しかし、その被害の大きさは時代とともに増加しています。燃料プラントや化学工場、精密機器類の普及など、落雷による被害リスクは当時と比較的ないほど大きくなりました。 避雷針工事の重要性はますます高くなっています。 今後は、建物内の電気、電子ケーブルやネットワークラインなどの導線とそれらにリンクしている電子機器類を保護するための避雷針工事が注目されていくと思われます。